pasmo(パスモ)とは

pasmo(パスモ)の名前について

pasmo(パスモ)という名前の由来は、「PASSNET」の「PAS」と、「もっと」の意味を表す「MORE」の頭文字「MO」をとってつけられました。

PASSNET」+「MORE」= PASMO

さらに、「パスモ」の「モ」は、パスネットとバスが合体した「&」を表す助詞の役割もあり、「電車も、バスも、あれも、これも」利用できるようになるという、拡張性を表す意味の「モ」の意味も込められているそうです。

「パス
  ↓
モ=&


※パスネットとは、
パスネット協議会に加盟する関東地方の鉄道22社局共通の磁気カードを用いたストアードフェアシステムの総称。株式会社パスモが発行(旧社名:パスネット・バスICカード株式会社)、2007年3月18日から、PASMO(パスモ)が導入されるため、使用状況に応じて廃止される予定。またPASMOの名称は、株式会社パスモの登録商標である。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。