pasmo(パスモ)とは

PASMO(パスモ)カード1枚で、私鉄、地下鉄、バス、JRがスイスイ!

PASMO(パスモ)がいよいよ、2007年3月18日からサービス開始となります。PASMO(パスモ)が利用可能になる駅数は、サービス開始時で1,683駅もあります。

PASMO(パスモ)カードが一枚あれば、首都圏のほとんどの鉄道(JRや私鉄、地下鉄)やバスが、スイスイ、ストレスなく移動できるようになります。

またPASMO(パスモ)は、JR東日本の「Suica(スイカ)」との互換性もあり、2007年3月18日からは、Suica(スイカ)を使って、私鉄やPASMO(パスモ)加盟店で利用可能になります。

今や必需品でお財布代わりになる、「電子マネー」も、PASMO(パスモ)加盟店とSuica(スイカ)加盟店の両方で利用できるようになります。 その便利な「PASMO(パスモ)」の情報、知らないと損するかも?

※オートチャージサービスを使うには、PASMO(パスモ)と提携クレジットカードの2枚を持つ必要があり、PASMO(パスモ)だけでは、このサービスは使えません。

サービス開始時期
2007年3月18日
PASMO発売場所
PASMO(パスモ)事業者の駅やバス営業所、バス案内所など
金額
1,000円〜20,000円
PASMOカードの種類
・pasmo記名式(大人用、小児用)
・pasmo無記名式(大人用)
・pasmo定期券
詳細は>>>pasmo(パスモ)の種類
PASMOがチャージできる場所
駅の自動販売機やバス車載機など
PASMOチャージ上限金額
20,000円
オートチャージできるカード
・Pastownカード(JCB・三井住友カード・UFJカード提携)
・小田急OPカード
・京王パスポートカード
・京成カード
・京急カード
・相鉄カード
・プリンスカード
・TOP&ClubQ(東急)カード
・Tokyo Metro To Me CARD
・新銀行東京カード
・東武カード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。