pasmo(パスモ)とは

PASMO(パスモ)カード1枚で、私鉄、地下鉄、バス、JRがスイスイ!

PASMO(パスモ)がいよいよ、2007年3月18日からサービス開始となります。PASMO(パスモ)が利用可能になる駅数は、サービス開始時で1,683駅もあります。

PASMO(パスモ)カードが一枚あれば、首都圏のほとんどの鉄道(JRや私鉄、地下鉄)やバスが、スイスイ、ストレスなく移動できるようになります。

またPASMO(パスモ)は、JR東日本の「Suica(スイカ)」との互換性もあり、2007年3月18日からは、Suica(スイカ)を使って、私鉄やPASMO(パスモ)加盟店で利用可能になります。

今や必需品でお財布代わりになる、「電子マネー」も、PASMO(パスモ)加盟店とSuica(スイカ)加盟店の両方で利用できるようになります。 その便利な「PASMO(パスモ)」の情報、知らないと損するかも?

※オートチャージサービスを使うには、PASMO(パスモ)と提携クレジットカードの2枚を持つ必要があり、PASMO(パスモ)だけでは、このサービスは使えません。

サービス開始時期
2007年3月18日
PASMO発売場所
PASMO(パスモ)事業者の駅やバス営業所、バス案内所など
金額
1,000円〜20,000円
PASMOカードの種類
・pasmo記名式(大人用、小児用)
・pasmo無記名式(大人用)
・pasmo定期券
詳細は>>>pasmo(パスモ)の種類
PASMOがチャージできる場所
駅の自動販売機やバス車載機など
PASMOチャージ上限金額
20,000円
オートチャージできるカード
・Pastownカード(JCB・三井住友カード・UFJカード提携)
・小田急OPカード
・京王パスポートカード
・京成カード
・京急カード
・相鉄カード
・プリンスカード
・TOP&ClubQ(東急)カード
・Tokyo Metro To Me CARD
・新銀行東京カード
・東武カード

pasmo(パスモ)とは

pasmo(パスモ)の名前について

pasmo(パスモ)という名前の由来は、「PASSNET」の「PAS」と、「もっと」の意味を表す「MORE」の頭文字「MO」をとってつけられました。

PASSNET」+「MORE」= PASMO

さらに、「パスモ」の「モ」は、パスネットとバスが合体した「&」を表す助詞の役割もあり、「電車も、バスも、あれも、これも」利用できるようになるという、拡張性を表す意味の「モ」の意味も込められているそうです。

「パス
  ↓
モ=&


※パスネットとは、
パスネット協議会に加盟する関東地方の鉄道22社局共通の磁気カードを用いたストアードフェアシステムの総称。株式会社パスモが発行(旧社名:パスネット・バスICカード株式会社)、2007年3月18日から、PASMO(パスモ)が導入されるため、使用状況に応じて廃止される予定。またPASMOの名称は、株式会社パスモの登録商標である。

パスモ(pasmo)の使い方

■パスモは、改札にタッチするだけでOK!
定期入れから出さずに、パスモを改札機の読取り部にタッチするだけでご利用可能!
電車:改札機の読み取り部にタッチ
バス:バス車内の読取り部にタッチ


■のりこしもラクラク!自動精算
(パスモにあらかじめチャージしてあれば)、定期券での「のりこし運賃」も、改札機の読取り部にタッチするだけで自動精算できます。わざわざ精算機で精算する必要はありません。


■パスモカードは、くり返し利用!パスモはエコ
チャージしたり定期券を継続購入したりすれは、同じ1枚のパスモカードをくり返し使えます。エコを考えたパスモカードは環境に優しい。

■パスモカードは紛失しても安心、再発行可能!
パスモカードは、紛失しても再発行できるので安心。
もよりの駅やバス営業所にお申し出ください。
(※ただし、無記名PASMOを紛失した場合は、再発行できませんのでご注意下さい。)

■パスモは、電子マネー機能付でお財布代わりになる!
PASMO(パスモ)マークのあるお店や自動販売機でご利用できます。
・1万1000店以上のSuica(スイカ)加盟店
・パスモ(pasmo)事業者駅構内の店舗など700店
・自動販売機約600機
※パスモ(PASMO)加盟店舗は順次拡大予定で、1年後には5,000店の加盟を目標。

パスモ(pasmo)の注意点

■パスモ(pasmo)はしっかりタッチ!
指輪や銀紙などと一緒にタッチすると、読み取れないことがあります。
パスモは、改札機や車内の「読み取り部」にしっかりタッチ。

■パスモ(pasmo)には、シールを貼らないで!
パスモ(pasmo)にチャージしたりする際、券売機や精算機に入れるのでシールやステッカーは貼らないように。パスモが詰まったり、パスモカードが破損したりします。

■パスモ(pasmo)は2枚同時に使えない!
2枚以上のICカードの同時使用はできません。
2枚以上の定期券を使う場合は、磁気定期券をご利用ください。

■パスモ(pasmo)は複数人で使えない!
1人、1人パスモ(pasmo)カードを用意しましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。