pasmo(パスモ)のメリット

PASMOのオートチャージとは

PASMO(パスモ)には、「オートチャージ機能」というとても便利なサービスがついています。
しかし、普通?のPASMOカードには残念ながらついておらず、「Pastownカード」という、パスモが発行する提携クレジットカードや各交通事業者系(東京メトロや小田急、京王など)のクレジットカードに入会する必要があり、オートチャージ機能つきPASMOとこれら提携クレジットカードの2枚を持つことで、「オートチャージ機能」が使えます。

オートチャージ機能でチャージした金額は、クレジットカード決済されますので、18歳未満の方はこの機能はご利用いただけません。 パスモ提携クレジットカード1枚につき、オートチャージができるPASMOは1枚だけ発行されます。必要に応じて、新規カードや家族カードのお申込をなさってください。

オートチャージ機能とは・・・
乗車時に、自動改札機にタッチした時点で、残高が2,000円以下の場合、自動的にPASMOに3,000円をチャージします。(金額は固定の3,000円)チャージされた金額は、後日クレジットカードの利用代金として請求がきます。
(例)改札通過前の残高 1,900円 → 改札通過後の残高 4,900円(+3,000円)

PASMO(パスモ)オートチャージができるクレジットカード一覧
pastown(パスタウン)カード
交通事業者系クレジットカード
pastown(パスタウン)カード/JCB小田急OPクレジットカード(小田急電鉄)
pastown(パスタウン)カード/三井住友カード京王パスポートカード(京王電鉄)
pastown(パスタウン)カード/UFJカード京成カード(京成電鉄)
京急カード(京浜急行電鉄)
相鉄カード(相模鉄道)
SEIBUプリンスカード(西武鉄道)
東急ポイントカード TOP&(東急電鉄)
Tokyo Metro To Me CARD(東京メトロ)
東武カード(東武鉄道)
新銀行東京カード(新東京銀行)

pasmo(パスモ)のメリット

PASMO(パスモ)利用で、バスチケット還元でお得

PASMO(パスモ)を使って、バスを利用するとチケット還元されるので、とてもお得です。頻繁にバスを利用する方は、PASMO(パスモ)をオススメします。

■PASMO(パスモ)利用で、バスチケットが還元
PASMO(パスモ)を使って、バスに乗ると、利用額に応じた割引を受けることができます。
毎月1日から末日までの一ヶ月間のバス利用額に応じて、PASMO(パスモ)にポイントとして付き、「1,000ポイント毎」にバスで利用できるチケットとして還元されます。還元方法は、いたって簡単!バスチケットがたまった、PASMO(パスモ)で対応するバスを利用するだけで、自動的に運賃として使用できます。なお特典バスチケットの有効期間は10年間あります。

・1ヶ月間(毎月1日〜末日)のバス利用額に応じ、1,000ポイント枚にポイントとして付加される。
・利用方法は、たまったPASMO(パスモ)を通常通り使うだけ
・有効期限:10年間

月間利用ポイント数
@/1,000ポイント
バスチケット還元額
1,000ポイント
100円
100円
2,000ポイント200円
3,000ポイント300円
4,000ポイント400円
5,000ポイント
170円
850円
6,000ポイント1,020円
7,000ポイント1,190円
8,000ポイント1,360円
9,000ポイント1,530円
10,000ポイント1,700円


■割引サービスに対応する29のバス事業者
・伊豆箱根バス
・江ノ島電鉄
・小田急バス
・小田急シティバス
・神奈川中央交通
・川崎市交通局
・川崎鶴見臨港バス
・臨港グリーンバス
・関東バス
・京王電鉄バス
・京王バス東
・京王バス中欧
・京王バス小金井
・京成バス
・京成タウンバス
・京浜急行バス
・羽田京急バス
・横浜京急バス
・国際興業
・相模鉄道
・西武バス
・東急バス
・東京都交通局(都バス)
・東武バスセントラル
・東武バスウエスト
・箱根登山バス
・日立自動車交通
・平和交通
・横浜市交通局

pasmo(パスモ)のメリット

記名式「pasmo(パスモ)」は履歴照会が可能

pasmo(パスモ)の種類のひとつである、記名式pasmo(パスモ)
記名式pasmo(パスモ)を購入し、pasmo(パスモ)の公式サイトから会員登録(2007年3月19日から受付開始)すれば、3ヶ月以内の以下の履歴を照会することができます。

・定期券購入情報(鉄道定期券、バス定期券それぞれ最新1件)
・残額履歴(月日、利用種別、利用駅名、残額)
・バスポイントや特典バスチケットの残高

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。