ストアードフェアーシステム(SF)とは

ストアードフェアシステム(SF)とは

ストアードフェアシステム(SF)とは、電車などに乗る際、パスモ(pasmo)やスイカ(suica)などの乗車磁気カードを使うと、乗り降りする時、改札機に通します。その情報を基に、乗車区間の運賃をカードの磁気情報(チャージされた金額)から自動的に運賃を差し引くシステムのことをいいます。

簡単にいえば、パスモ(pasmo)やスイカ(suica)のカード内に、あらかじめチャージ(入金)しておき、それを運賃に使用できる金額のことです。

このストアードフェアシステムは(SF)は・・・
・首都圏  平成3年11月 東京メトロ(南北線)
・京阪神圏 平成4年4月 阪急全駅
で導入以降、全国で普及しています。

このストアードフェアシステムが普及したおかげで・・・
・運賃を確かめる必要がない。
・乗車券を買う手間が省ける。
・現金を持っていなくてもカードさえあれば乗車できる。
・乗り越しの場合、自動精算機で精算する必要がない。
などとても便利です。

また、このストアードフェアシステム以外に、回数券をカード化した、ストアードライドシステムがあります。それぞれチャージするものが、ストアードフェアシステムは「金額(運賃)」、ストアードライドシステムは回数ということになります。乗車磁気カードのシステムには、この2つがありますが、ストアードフェアシステム(SF)の方が一般的です。

乗車磁気カードのシステムの種類
・ストアードフェアシステム・・・磁気カードに運賃を貯めておく
・ストアードライドシステム・・・磁気カード乗車回数を貯めておく

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。